情報探求

森友学園の安倍晋三記念小学校、安倍首相が関係否定!「関係していたら辞める」



森友学園が大阪の国有地を格安で買収して「安倍晋三記念小学校」の建設を予定していた問題で、安倍首相が国会で初めて言及しました。

17日の国会では野党議員らによって国有地買収の追及が行なわれ、その中で「安倍首相は安倍晋三記念小学校を知っていたのか?」という質問が飛び出てきます。
これに対して安倍首相は「私も妻も一切この認可にも関係無い。私や妻が関係していたということになれば、私は国会議員や総理大臣も辞めると申し上げておきたい」と答弁し、事実関係を否定しました。

ただ、今週に発売された週刊文春には関係者のインタビュー記事が掲載されており、安倍首相が野党議員時代に名前の使用許可を出していたことを認めています。「総理大臣になってからは名前の使用を否定した」とも記載があることから、安倍首相は安倍晋三記念小学校の存在は把握していたはずです。

知らなかったという国会答弁と矛盾していると言え、ここまで必死に関係を隠すのは怪しいと感じられます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

クレカ 付帯保険