情報探求

軽減税率で約4000億円の使途不明金が浮上!議会騒然で質疑が中断!小池議員「財源は1兆円なのに軽減は6000億円だけ」⇒安倍政権「・・・」


20160118190417popop@o
軽減税率を巡る国会質疑で税源と軽減される金額に大きな差があることが分かりました。

参議院の予算委員会で共産党の小池晃議員は軽減税率の財源を「1兆円」と政府に確認した上で、総世帯の一人あたりの負担軽減額として発表されている数字4800円との間に大きな差があると指摘。具体的には一人あたり4800円×1億2000万人の計算で、日本人全体の軽減幅は約6000億円となっていました。

小池議員は財源が1兆円もあるのに軽減が合計で6000億円しか無い事を追求するも、安倍政権側は「家計調査の誤差」等と答弁を繰り返して国会が騒然状態になります。何度か質疑を中断した上で、最後は次回の答弁で政府が返答する形でこの日は終わりとなりました。

単身世帯も加えた全世帯で軽減税率の効果が4800円という数字は政府側が宣伝しており、財源との間に4000億円も数字に差があったことはネット上でも大きな波紋を呼んでいます。

↓小池晃議員の軽減税率質疑は12分頃から

小池晃議員
「必要な財源が1兆円だと。総理は一人あたりで軽減額が年間4800円になると仰っています。これに新聞加えて、単身世帯も加えた全世帯ではどうなるのでしょうか?」

安倍首相
「総世帯の一人あたりの負担軽減額については、4800円程度になると見込まれています」

小池晃議員
「一人あたり4800円だと、1億2000万人の単純計算で6000億円ちょっとになるんですよね。6100億円くらいかな。一方で、1兆円と言っているわけですよ。これはどうしてなんですか?この1兆円と6000億円の差額は何処に行くんですか」

安倍政権
誰も問いかけに答えず。

議長
「ちょっと待って下さいね」

質疑が一時中断

麻生財務大臣
「あの、ご指摘の通りで、勉強不足で恐縮です。これは全体で取っている数字と家計調査で取ってきた数字に差が出ているのではないかと思います」

小池晃議員
「あのね。そんな説明は通用しないでしょ!6000億円と1兆円ですよ。全然違うじゃあないですか。確かに家計調査で把握できない部分もありますよ。ただ、食料品というのは一番把握し易いんですよ。それがこれだけ乖離がある。納得の行く答弁をしてください」

議長
「あの・・・。どうですか、これ?宿題にしてダメ?ちょっと待って。これは時間にカウントしないから。じゃあ、一応、速記を止めて」

以下、ネットの反応


One thought on “軽減税率で約4000億円の使途不明金が浮上!議会騒然で質疑が中断!小池議員「財源は1兆円なのに軽減は6000億円だけ」⇒安倍政権「・・・」

  1. 就労も納税もなし家賃は役所もち助成金は小遣い

    京都市醍醐東市営住宅は一般募集でしか入居できないにも関わらず 京都市上下水道局の正職員が竣工時から入居し退職金をもらい再雇用で3年勤務して現在は年金生活(勿論収入基準を大きくオーバー)その上入居時から市営住宅のカークラブ(公社が駐車場料金を住人に集金させ約4割をキックバック)のお金を住人数人と山分けする行為を約18年間それに関わる住人は生活保護受給者と障害者福祉受給者自治会もカークラブも同様。この中で時折派閥争いがあり次元の低い抗争を繰り返している。そのうちの一人はボートレース狂い。カークラブのお金だけでは飽きたらず京都市が各自治会に対して毎年給付している助成金まで十数年にわたってふところに入れていた。公社職員はある組織からの故採用と派遣職員係長以上は本庁からだが2、3年で異動。誰も責任を取らない。生活保護受給し続けながら自動車を一人一台所有。ペット禁止の市営住宅で中型犬を3匹飼育する者もいる。殆どの住人が生活保護受給者にも関わらずペットを飼育。犬の予防接種も“無料”これらは全て税金だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

クレカ 付帯保険