情報探求

安倍首相が国会で問題発言!「税金というのは国民から吸い上げたもの」


20160121211057asdoi3
1月21日の参議院決算委員会で安倍首相が問題発言をしたと物議を醸しています。問題の発言は清水貴之議員が「今より多くの税収を借金の返済に使わないのか?」という質問に対して、安倍首相が返答した時に飛び出してきました。

安倍首相は「税収というのは国民から吸い上げた物でありまして、全部で借金を返していくとですね、形としては緊縮になっていくわけでありまして。経済の規模を大きくしていかなければ成長していきません」と述べ、税収の大半を借金返済にすると日本の経済が崩れると説明しています。

この発言はツイッターなどのSNSで話題になり、多くの方が「安倍首相の本音が見えた」等と反応していました。「国民の税金から給料を得ているのに何という発言をしているんだ!」というような激怒しているコメントも見られ、首相という立場で吸い上げると言ったことに疑問の声が相次いでいます。

↓動画の17分頃から


安倍首相
「税収というのは国民から吸い上げた物でありまして、全部で借金を返していくとですね、形としては緊縮になっていくわけでありまして。経済の規模を大きくしていかなければ成長していきませんし、そこから新たな税収が生まれてこないという問題がございます」

以下、ネットの反応


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

クレカ 付帯保険