情報探求

東京五輪誘致のワイロ疑惑、IOCのバッハ会長がコメント 「汚職と闘うために、あらゆる手段を使う」


s_ice_screenshot_20160519-035928
東京五輪誘致で日本側が関係者に2億円の資金を送ったとされている問題で、IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長が初めてコメントを発表しました。
報道記事によると、バッハ会長は「東京五輪について、疑惑があるとすれば好ましくない。われわれは、容赦なく対応する」と述べ、汚職の撲滅を強調したとのことです。

会長がここまで強い口調のコメントを発表するのは珍しく、今後のフランス当局の捜査次第では五輪招致の見直しという話が浮上することになるかもしれません。
既に海外メディアは「ロンドンが代替案として浮上している」と報じており、世界中が注目するような大騒動に発展しています。

◎五輪招致疑惑 バッハ会長「疑惑があるとすれば好ましくない」http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00325104.html
s_ice_screenshot_20160519-035603

s_ice_screenshot_20160519-035612

s_ice_screenshot_20160519-035624

s_ice_screenshot_20160519-035630

関連過去記事

◎東京五輪の賄賂疑惑で中止検討?東京の代案として2020年ロンドンオリンピックが浮上!http://johotankyu.com/?p=661

One thought on “東京五輪誘致のワイロ疑惑、IOCのバッハ会長がコメント 「汚職と闘うために、あらゆる手段を使う」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

クレカ 付帯保険