情報探求

参議院選挙、改憲勢力が3分の2議席を確保へ!自民党は単独過半数目前に!野党も共闘で一部勢力が拡大


s_ice_screenshot_20160711-004145
東京選挙区で上位4人の当選確実が発表されました。蓮舫議員がトップ当選となり、他にも自民党の中川氏や公明党の竹谷氏、共産党の山添拓氏が当選しています。
ただ、他の二人は依然として接戦状態で不明のままです。

沖縄では現役大臣が落選となりました。票差は2倍近い値になっていると見られ、沖縄の民意が示されたと言えるでしょう。

4人に増えた愛知選挙区では、民進党が2議席を獲得しました。愛知は旧民主党が強かったこともあり、総数でも自民・公明を圧倒している可能性が高いです。

社民党は福島瑞穂前党首が当選確実になりましたが、吉田忠智党首は落選が確定しています。また、ネット上で知名度が高いSPEEDの今井絵理子氏や民進党の小西 洋之議員も当選確実になりました。

元みんなの党の代表で、大阪維新の会から出馬した渡辺喜美氏が当選確実になったとのことです。大阪維新の比例から出馬したということで、早い段階から当選が判明しています。
自民党の比例から出馬した青山繁晴氏も当選確実になりました。

激戦区だった三重県では民進党が自民党に勝利しています。岡田代表は「三重で負けたら辞任する」と宣言するほど重視していた地区で、ここを民進党が取ったのは大きいと言えるでしょう。
他にも大激戦が続いていた福島選挙区で、民進党の増子候補が自民党に勝利して当選確実となりました。

長野選挙区で元ニュースキャスターの杉尾秀哉氏(58)が初当選。長野は改選数が2から1に減った場所で、与野党が激しく戦っていた場所です。

一人区の新潟選挙区では元生活の党の森ゆうこ候補が当選確実になりました。

開票速報によると、東京選挙区は最後の議席が民進党の小川候補になったとのことです。これで東京選挙区は民進党が2議席となり、大阪維新の田中候補者や三宅洋平候補などは落選となります。

自民党と公明党、大阪維新の会などの3党で75議席を獲得する見通しになりました。これで参議院は改憲勢力が3分の2議席を抑える結果になり、何時でも憲法改正の発議が可能になるでしょう。

ただ、憲法改正については与党内からも「国民投票で勝てる見込みが無い」という批判の声が多く、実際に実現するのかは不透明です。

s_ice_screenshot_20160710-232948

s_ice_screenshot_20160710-233321

s_ice_screenshot_20160710-233355

s_ice_screenshot_20160710-234945

s_ice_screenshot_20160710-203147

s_ice_screenshot_20160710-203223

s_ice_screenshot_20160710-203334

s_ice_screenshot_20160710-204445

s_ice_screenshot_20160710-205037

NHK 速報
http://www3.nhk.or.jp/news/live/

朝日新聞 開票速報
http://www.asahi.com/senkyo/senkyo2016/

NHK開票速報
http://www3.nhk.or.jp/senkyo/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

クレカ 付帯保険