情報探求

カリフォルニア州で独立を求める声が急上昇!全体の32%が独立賛成、トランプ政権誕生で拡大か



ドナルド・トランプ新大統領が誕生したことで、アメリカの各地で独立を求める声が高まっています。特に民主党の支持が強いカルフォルニア州では、「米国からの独立を支持する」との世論が全体の32%を記録。

トランプ政権になる前は20%程度だったことから、大幅に独立賛成派が増えたと言えるでしょう。この傾向はアメリカ全土で見られ、トランプ政権への反発が強まると独立賛成派がドンドン増えることになりそうです。

 

カリフォルニア州独立、トランプ政権誕生で3人に1人が支持=調査
http://jp.reuters.com/article/california-trump-idJPKBN1580AK

[サクラメント(米カリフォルニア州) 23日 ロイター] – ロイター/イプソスがカリフォルニア州の住民500人を対象に昨年12月6日から今年1月19日にかけて実施した調査によると、同州の米国からの独立を支持するとの回答が全体の32%を占めた。トランプ氏が米大統領選で勝利したことを受け、独立の支持率は2014年に実施した前回調査の20%から大きく上昇した。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

クレカ 付帯保険